読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米研究者が完全な「光学迷彩」技術の開発に成功。Googleストリートビューにはコレで対抗するのはどうだろう?



カリフォルニア大学のバークレー校で、ナノレベルの光学迷彩が実験に成功したとのこと。
いやー、ファッション業界から軍事業界まで、これは激震が走りそう。なんか写真がないかと探したのだけれどもまだ見付からない。これはちょっと実物を見てみたいなぁ。
やっぱり最初の搭載は戦車になるのか???

日本の人気アニメ「攻殻機動隊」で登場する物体を透明化する「光学迷彩」技術の開発に米カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが成功していたことが11日、明らかとなった。
 この研究発表を行ったのは同大学のXiang Zhang教授(Chancellor's Professor)を中心とする研究グループ。
(中略)
 この素材、今のところ大きさが10マイクロメートルと極小サイズであること、また光を屈折させる方向は決められており、2次元の方向でしか「ネガティブ・リフレクティング」は機能しないなどの制約はあるものの、理論上は大型の物体を完全に透明化させることも可能だと説明している。
 この研究成果は近く、英科学雑誌「ネイチャー」と米科学雑誌「サイエンス」に論文発表の予定。
 この「ネガティブ・リフレクティング」技術の研究は米軍の財政支援の元で進められたものとなる。米軍ではこの技術を応用することで将来、戦車などを可視的に透明化することを計画しているという。

リンク先を見ると、かなり具体的な技術になっているらしいので、これは実用化は思った以上に早いのかもしれない。
うーむ、googleストリートビューにはコレで対抗するというのはどうだろうか。