読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中哲弥の新刊買った

書店にいったら売っていたので思わず購入。
個人的に日本語というものをもっとも分かっている小説家の一人であると思っている。田中哲弥ぐらい日本語を縦横無尽に使いこなすことができれば、残りの寿命が半分になってもいいと思っている(どんな死神の眼ですか?)

大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)

大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)


『ミッションスクール』(田中哲弥/ハヤカワ文庫JA): [間歇日記]世界Aの始末書
田中哲弥のすばらしさに関しては、このブログエントリが参考になるので見てもらいたい。