読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書

高野和明『ジェノサイド』を読み始めて

土曜日出社の前に、昨日買った高野和明『ジェノサイド』をパラリと開く。 ジェノサイド作者: 高野和明出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2011/03/30メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 333回この商品を含むブログ (154件) を…

細野不二彦を読み直し中

id:gryphonさんが、ブログ更新を控えるかも〜みたいなことを書かれたもので、ファンの私としては、「ならとうとう封印していた細野不二彦論をせざるを得まい!」「横からgryphonさんに突っ込んでもらえれば書けるかも」とか何とか考えて細野不二彦を大量にブ…

コミケには行かずに乱読

会社行って仕事して、色々と本を買い込んで乱読。感想書きたいのがいっぱいあるのだけれども流石に書く暇はないけど。 自衛隊秘密諜報機関 ―青桐の戦士と呼ばれて作者: 阿尾博政出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/06/05メディア: 単行本購入: 1人 クリッ…

役立つ!「写真で読む昭和史 占領下の日本」とちょっと迷走? 「3月のライオン」5巻

◆簡潔で分り易い、水島吉隆「写真で読む昭和史 占領下の日本」 写真で読む昭和史 占領下の日本 (日経プレミアシリーズ)作者: 水島吉隆,太平洋戦争研究会出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2010/12/09メディア: 新書購入: 1人 クリック: 2回この…

WORLD WAR Z、すごいお薦めなのにブックマークも、アクセスもあがらねぇ……。

むー、すごいお薦めなんだけどな。ちょっと長文になりすぎたので反省している。 ちょっとまた後でポイントを絞ったレビューエントリか、おちゃらけエントリを書いて復仇を果たす。

新機軸の警察小説の佳作「さよなら、ジンジャー・エンジェル」「プロメテウス・トラップ」

世は警察小説のブームである。この間、警察小説を編集している編集者の人とお話したのであるが、現在の警察小説の番付を言うと 「東西両横綱が、佐々木譲と今野敏。大関が堂場瞬一かな?」 とのことであった。 まぁこれはちょっと今現在により過ぎている気が…

5年ぶりぐらいに買った新紀元社の本が便利なのと戦前外地の鉄道地図

幻想ネーミング辞典作者: 新紀元社編集部出版社/メーカー: 新紀元社発売日: 2009/08/31メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 12人 クリック: 70回この商品を含むブログ (19件) を見る 俺の方でタイトル決めをしなければならぬ案件になるやもしれぬのが二つ…

新書を少し

幕末単身赴任 下級武士の食日記 (生活人新書)作者: 青木直己出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2005/12メディア: 新書購入: 9人 クリック: 61回この商品を含むブログ (27件) を見る とらや文庫で江戸の食生活を研究している青木直己氏の本。 紀州和…

面白かった漫画

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)作者: 荒川弘出版社/メーカー: 新書館発売日: 2009/12/11メディア: コミック購入: 51人 クリック: 540回この商品を含むブログ (231件) を見る シブすぎ技術に男泣き!作者: 見ル野栄司出版社/メーカー: 中経出版発売日:…

関川夏央:『坂の上の雲』の主人公がどうして正岡子規だったのか? ロスジェネとしての「坊ちゃん」

関川夏央の本から備忘録として引用 日露戦争をえがいているはずのこの物語の主人公のひとりが正岡子規であることを不思議に思う方も多いようです。日露戦争が主役であるならば、本来は夏目漱石が出てきたほうがいい。 漱石は戦前の最も重要な時期にロンドン…

『少年の国』と、関川夏央の「坂の上の雲」と日本人

NHKドラマ「坂の上の雲」が良かった。 秋山好古の青年役・染谷将太が印象に残る。NHK少年SFドラマシリーズの主役みたいな清冽さがあった。 総じて青年役がよかったので、第一話はそれを通しても良かったと思う。正岡子規役の香川照之は、たしかに大人になっ…

林譲治『ファントマは哭く』と平山夢明『ダイナー』

ファントマは哭く (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)作者: 林譲治出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2009/10メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 11回この商品を含むブログ (20件) を見る 《AADD》シリーズの第三弾。異星生命体のストリンガーがキュート…

友人の死と、初野晴『初恋ソムリエ』と相沢沙呼『午前零時のサンドリヨン』

ネット88の友人であった、F本氏が心不全のために亡くなる。 仮面ライダーの再視聴を私に無理庫裏にさせた恩人の一人だ。 ご冥福をお祈りします。そんな学生時代を思い出しつつ、めだかボックスが買えない人、もしくはめだかボックスが読めない人に進める一般…

新作小説をtwitterで先行公開する試み――SF作家新城カズマ【15×24】

「蓬莱学園」シリーズや青春SF小説「サマー/タイム/トラベラー (1) ハヤカワ文庫 JA (745)」で知られる新城カズマさんの新作小説が、twitterで先行公開されるという試みがなされていてちょっと注目。 サマー/タイム/トラベラー (1) ハヤカワ文庫 JA (745)作…

小川一水の新作単行本「煙突の上にハイヒール」。

光文社の小川一水の単行本「煙突の上にハイヒール」が、小川さんの新しい可能性を開いてくれそうで面白い。 煙突の上にハイヒール作者: 小川一水出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/08/20メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 10人 クリック: 85回この商…

第四回日本SF評論賞贈賞式で、パラレル・クリエーション的なものの今昔を考えた

1月31日に『第四回日本SF評論賞贈賞式』&『デビュー三〇周年・永遠のSF少年 星敬さんを励ます会』があったので参加してきました。あいにくの雨だったのですが、かなりの人数の参加者が集まり、会場がごった返していました。 来年から選考委員に瀬名秀明さん…

いったい何が起こっているのか、分からない……小説再生工場ッの巻

集英社 小説 新刊 WEB文芸 RENZABURO レンザブロー えーっと、映画に専念したりとか、PN変えたりとか、なんかだんだんと疑問符がつき始めていたのだけれども、ワケが分からなくなってきた。何が起こってるんですか? やっぱり押井の嫁がいけないんですか?…

かつての「漫画ブリッコ」や「PUREGIRL」を彷彿とさせる双葉社の週刊大衆シャイが興味深い

株式会社双葉社 | 週刊大衆シャイ! いや、忙しいのが一段落してようやくいろいろとネットが見られる環境になってきた。そんな中で双葉社の雑誌とかがちょいと面白いのに気付いたのでメモメモ。 そんな中、6月12日に発売になった週刊大衆シャイが、まだ練り…

日本の《ご隠居》内田樹の定義する「自立」と「ヤクザ渡世」

日本的な賢者ってのは、「熊さんとご隠居」における「ご隠居」みたいなものの訳だが、ここ数年、内田樹ってそのポジションを堅持し続けているってのがスゴイよな。 それをブログで維持できているというあたりが新しいのだけれども、位置づけはきわめて古典的…

テッド・チャンの弁ではSFじゃないが、魔乳秘剣帖2巻は伏線満載で面白い。

SFマガジン1月号に掲載されたテッド・チャンのインタビューに依ると、 魔乳秘剣帖はどう定義してもSFではない (テッド・チャンの定義) のだけれども(どういう枕だ)、メッサ面白い。 よしながふみの「大奥」だけじゃ駄目! 山田秀樹「魔乳秘剣帖」は時代…

「サーバーは衛星軌道がいいか」 ゲーム開発ではなくコンピューター開発者であった久夛良木健の栄光と没落の軌跡が分かる良書が登場!

【この本はムチャクチャ色んな話題があるので一度にアップできないためちょっとづつ改訂してきます】 乙木はある時期からちょっとソニー嫌いになったのだけれども、PlayStation1のころはむしろソニーが好きだった。ふり返ってみると気分的な転換は久夛良木…

週刊少年サンデーと革命漫画の系譜

昨日の続き。 サンデーって頭の良い子御用達だから、暴力漫画は少ないんだけれども、「若い子の暴力衝動のガス抜き」として、《革命漫画》《武術漫画》というのが延々と続いてきたと思う。 頭の良い男子の欲望を 暴力衝動→社会革命マンガ 性欲衝動→脱臭され…

小学館のデスノートパクリ編集は、ヘソ噛んで東京マンガカルテットに教えを請え!

更新できないけど、死んでません! なんかすげぇ久しぶりにコンビニ行ったよ、そしたらこんなことになってるし。 痛いニュース(ノ∀`) : 「デスノート」に酷似(?)した漫画がサンデーで連載開始 - ライブドアブログ いや、マジでスゴイよ。コレ……。 伊坂原作…

「HEROES/ヒーローズ」と「惑星のさみだれ」

「HEROES/ヒーローズ」が第五話まで終了。 今までは偶然にしか会わず、単独でしか能力を使わなかったキャラクターたちが、意図的に協力し合って能力を使い出す。と同時に「チアリーダーを救え、世界を救え」という中目標が提示されるターニングポイントの回…

今日の伊集院光ラジオに柳川房彦(新城カズマ)が出演!

今日の「伊集院光・日曜日の秘密基地」に柳川房彦(新城カズマ)が出演します! なんと「蓬莱学園」の話をするということ。という訳でようやく落ち着いた乙木としても、これは聞かざるを得ない! ちょっと録音できる環境が今手元にないんだけど、だれか録音…

真山仁「ハゲタカ」のリン・ハットフォードは究極のツンデレ過ぎ!

この三連休は仕事しながら、待ち時間に遅ればせながら真山仁がハゲタカファンドを描いた「ハゲタカ」「ハゲタカ2」と日本のエネルギー開発事情を描いた「マグマ」を読んで過ごす。 NHKオンライン ドラマを見て気になっていたんだけど面白い! ドラマの方で…

「惑星のさみだれ」の男性キャラを考察してみる(前篇)

ここ一週間、やたらと本を買って読みまくっていた。夏休みが近いからって事ではないけれども、大きな冒険物語のようなものをセレクションして集中的に読んでみた。 田中芳樹 「月蝕島の魔物 (ミステリーYA!)」 子ども向けの作品であるが、キングコングのノベ…

北村薫が受賞したら藤井美菜にコメントを……

求めようと思っていたが、まさかこうなるとはなぁ。北村さんか松井さんだろうみたいなのは聞いていたけれど、同時受賞かと思っていた。 芥川賞の方は、全部読んでなかったけどなんとなくこうなるんじゃないかなという感じがそのまま当たった。

古橋秀之&秋山瑞人と師匠・金原瑞人、三氏の鼎談から知ったこと二題。「秋山・古橋パロディ事件」と「古橋レンズマン」の件とか…。

ちょっと某企画のために面白エッセイストをリストアップするという作業に取りかかっている。乙木の趣味は非常に古くて、一番好きで読み込んだエッセイストが誰かというと、狐狸案先生・遠藤周作とかドクトルマンボウ・北杜夫になってしまうのである。むぅし…

トランスフォーマーのノベライズ2冊と吉田アミ「サマースプリング」

週末とにかくドタバタしていたのだけれども、なんとか3冊読書をこなす。 トランスフォーマー (ハヤカワ文庫SF)作者: アラン・ディーンフォスター,Alan Dean Foster,中原尚哉出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/07メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 4回…

バディストーリーの構造学:「BLUE DRAGON ラルΩグラド」の失敗を分析してみる。

「BLUE DRAGON ラルΩグラド」の月内打ち切りが決定したらしい。「ヒカルの碁」「DEARTH NOTE」の二連続ヒットという、ここ近年ではそうそうなかった小畑健の快進撃も一段落してしまった感じだ。 小畑健の「BLUE DRAGON ラルΩグラド」は重すぎる期待を担える…

30代後半になって小松左京のエスパイを読むと

いかがわしさをようやくすべて理解できてムチャクチャ面白いな(笑) 考えてみれば小松左京にムチャクチャはまっていたのが、小学校高学年から中学生の時期だったから、エスパイのいかがわしさがわかるわけないか。 ヒロインのマリア・トスティンってイタリ…

メタルギア・ソリッドファンから福井晴敏ファン、ジージャンズやボンクラ系まで必読! 伊藤計劃デビュー作『虐殺器官』は将来を期待させる傑作!

伊藤計劃のデビュー作『虐殺器官』を読んだ。 近未来の米軍を舞台にした今までの日本の小説には無かったといっていいミリタリーアクション小説で、一度読み始めたら読み終わるまで本をおけないほどにムチャクチャ面白い。デビュー作からこの作家を追っかけな…

『おおきく振りかぶって』8巻に見るひぐちアサの暗黒面。それが今後、どう描かれるのかが楽しみ

雨宮まみ氏が自身のサイトで述べているが、ひぐちアサという漫画家は、『おおきく振りかぶって』しか読んでいない人には判らないけれど、実はかなりダークサイドを持った漫画家である。 おおきく振りかぶって - 雨宮まみの「弟よ!」 特に8巻では、そのダー…

HELLSING的に宇野常寛氏がミレニアムの少佐なら、佐々木敦氏はイスカリオテ機関のクロムウェルだよねってのを枕にSFマガジンの論壇誌としての意外な強さの発見について

ネットで決断主義を検索したら、超面白いHELLSINGコピペを見つけたので、ちょっとブクマして引用。 諸君 私は決断主義が好きだ 諸君 私は決断主義が大好きだ 『バトル・ロワイヤル』が好きだ 『リアル鬼ごっこ』が好きだ 『ドラゴン桜』が好きだ 『DEATH NOT…

「トホホで落とそう」恋愛敏感症歌人・穂村弘のエッセイは、ガガガ文庫よりも非モテ男性の希望だなぁーって件

自意識過剰な非モテ文科系男子が読める面白い本を探すのに常に余念のない私(笑)であるが、先週、「よっしゃー、ガガガ・ルルル文庫を全冊買ったから、これの最速レビューを書こう!」と思っていたのであるが挫折した。 いや田中ロミオは想像していたよりも…

95年エヴァンゲリオン文化圏の終わり−−知的な塹壕としての「ゼロ年代の想像力」スタートと、よしながふみ「フラワー・オブ・ライフ」完結について

日常の忙しさに忙殺されてしまっていて、ブログの更新が滞ってしまった。とはいえ、この07年5月が終わってしまう前にどうしても書かねばならないことがあるのは、繁雑さに目がくらみつつも、大変喜ばしいことだと思う。 それがSFマガジンでスタートした宇野…

第五十回群像新人文学賞の評論賞に、「セカイ&エロゲー系の村上春樹評論」が入選した件(笑)

第五十回群像新人文学賞の評論部門の優秀作としてトンデモないのが入賞してしまったので、俺の中のSF業界(笑)に激震が走った*1。群像6月号(講談社)をゲットだ! 小説部門の方は、当選作の「アサッテの人」が抜群に面白い。牧野修さんの電波文の秀逸さに…

なぜオタクは子供向けコンテンツから卒業出来ないかが、相対的な視点でわかる「ジャニヲタ 女のケモノ道」

乙木が好きな芸能モノコミックに渡辺多恵子の『はじめちゃんが一番!』がある。著者の代表作『ファミリー!』はちょっとバタ臭すぎてあまり好きではなかったのだけれども、この『はじめちゃんが一番!』にはムチャクチャはまった。 はじめちゃんが一番! - Wi…

最速レビュー 古橋秀之『冬の巨人』を読みつつ、なんでジブリに後継者が育たないかを論ずる

徳間デュアル文庫より、古橋秀之氏、待望の新作『冬の巨人』が刊行される。早ウリでゲットしたので、早速レビューを言ってみよう! ■『ゲド戦記』DVDより古橋版ラピュタ『冬の巨人』を買おう 古橋秀之という作家は無視できない。 およそライトノベルというジ…

西森博之の「お茶にごす。」を最速レビュー。期待の新連載スタート!

週刊少年サンデーは危機的状況である。去年の1年間で実売が100万部から80万部に落ち込んでいる。 サンデーを支える三人の支柱の一つ、藤田和日郎が講談社モーニングでシリーズ連載を開始する。おそらくクライマックスを迎えつつある犬夜叉が終わったらサン…

田中哲弥の新刊買った

書店にいったら売っていたので思わず購入。 個人的に日本語というものをもっとも分かっている小説家の一人であると思っている。田中哲弥ぐらい日本語を縦横無尽に使いこなすことができれば、残りの寿命が半分になってもいいと思っている(どんな死神の眼です…

「世界を変えた6つの飲み物」が面白い。

昨日書いた「星新一 一〇〇一話を作った人」は、ちょっと追加したいエピソードもあったのでこれは後で書こうと思っております。 今日書くのは、その後で読んだ「世界を変えた6つの飲み物 - ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、紅茶、コーラが語るもうひとつ…

ショートショートの神様、星新一の知られざる生涯

もうSF好きが買わずにはいられないノンフィクションがとうとう刊行された。つい昼休みに読もうと思って買ったらそのまま夕方までに一気読みしてしまった。 星新一 - Wikipedia ショートショートの名手というよりも、日本におけるショートショートというジ…

「オラオラオラオラ」「無駄無駄無駄無駄ッ!」はどこから来たか? 荒木飛呂彦と谷岡ヤスジ、二人の天才の繋がりを調べる

どうやら一段落したんで一昨日に続けて長文コラムをアップしてみます。なんで忙しかったのかというと、gingerというwebマガジンでマンガ特集を企画をしていたからなんですよ。 団塊の世代向けのWebマガジンなんだけど、資料的価値のあるデータも掲載できたの…

「ISBN:4862481043:title」をいただく&七尾あきらの新作

献本でid:gotanda6さんより、タイアップの歌謡史 (新書y)が届く。 まだ読めていないけれどパラパラと見た感じで大変な労作に感心させられる。これは色んな意味で企画屋の種本になりそうな気がする。詳しい感想はまた後日。 タイアップの歌謡史 (新書y)作者: …

小畑健の「BLUE DRAGON ラルΩグラド」は重すぎる期待を担えるか?

鳴り物のいりで始まった小畑健版のコミック新連載「BLUE DRAGON ラルΩグラド」。面白いのだけれども、さすがに背負わされているモノが大きすぎてその期待を叶えられているのかどうかが結構微妙だなぁという感じもちょっとしてきている。 確認の意味で書くと…

00年代のキノの旅、GA文庫「ジョン平とぼくと」待望の2巻が発売。

現代を舞台にした魔法モノとして白眉といってもいいだろう。同様の作品はいくつもあるが、非常に余裕を持った書き方をしつつ、頭二つ分、大西科学氏の著作の出来がよい。これを三ヶ月で書けるのか……。 ジョン平とぼくと2 ジョン平と去っていった猫 (GA文庫)…

先週からスペリオールの「医龍」のヤオイ臭が強すぎる!

なんか先週から「医龍」のヤオイ展開っぷりがスゴイ。 いや無茶苦茶面白いし、すごいんだけど……。 でも、さすがに先週と今週の告白シーンの連続はちょっと違うよ(笑) どこの少女漫画か、女性読者62%の週刊少年ジャンプかって感じ(爆) 2ちゃんの図から…

11月は女性漫画家が絶好調な時だった

これは後で詳しく書く 大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))作者: よしながふみ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2006/11/29メディア: コミック購入: 3人 クリック: 50回この商品を含むブログ (447件) を見る 鋼の錬金術師 (15) (ガンガンコミックス (0692))作…